生涯学習研究e事典
 
登録/更新年月日:平成25年4月17日
 
 

生涯学習事象理論 (しょうがいがくしゅうじしょうりろん)

phenomena theory of lifelong learning
キーワード : 生涯学習事象生涯学習学習学習人仮説体系
山本恒夫(やまもとつねお)
1.生涯学習事象理論その1
  
 
 
 
  【字義】
 生涯学習事象理論は、生涯学習事象の構造を要素と関係で捉えた仮説を立て、その事象の変化・出現・消滅の可能性を検討することを目的とした理論である。
【説明】
 生涯学習事象理論は、生涯学習事象とは何かを論じた論ではなく、生涯学習事象の問題を解明する際に使う仮説の体系で、公理系としての「事象と関係の理論」を解釈したモデル理論である。
 生涯学習事象の構造のうち、数学的な扱いのできるものはそちらで扱えばよく、また論理を追う必要がある場合には記号論理学を用い、要素を集合として捉える場合には集合論を用いればよい。生涯学習事象理論は、それらを代替したりする理論ではない。
 「生涯学習事象理論」全体は添付資料としてアップしてあるが、ファイル・サイズの制約があるため、「生涯学習事象理論その1」「同その2」「同その3」に3分割してある。
 小項目「生涯学習事象理論その1」の添付資料は、全体のうちの次の部分である。
 序 生涯学習事象理論の目的と方法(第1節 目的、第2節 方法、第3節 対象、第4節 章の構成)
 第1章 基本仮説と定義(第1節 事象と関係の理論と生涯学習事象理論の対応、第2節 基本仮説と定義、第3節 派生仮説の導出、第4節 用語の導入と新たな派生仮説)
 第2章 学習する人(学習人)(第1節 学習する人(学習人)の派生仮説、第2節 可能性の検討)


 添付資料:生涯学習事象理論その1
 
 
 
  参考文献
・山本恒夫「事象と関係の理論」(日本生涯教育学会「生涯学習研究e事典」)、2013年4月17日登録
・山本恒夫「要素・関係計算法」(日本生涯教育学会「生涯学習研究e事典」)、2013年4月17日登録
 
 
 
 
  



『生涯学習研究e事典』の使用にあたっては、必ず使用許諾条件をご参照ください。
<トップページへ戻る
 
       
Copyright(c)2005,日本生涯教育学会.Allrights reserved.