生涯学習研究e事典
 
登録/更新年月日:平成24年1月3日
 
 

デンマークの生涯学習支援 (でんまーくのしょうがいがくしゅうしえん)

キーワード : デンマーク生涯学習戦略自由成人教育
佐藤裕紀(さとうひろき)
1.デンマークの生涯学習戦略の背景
  
 
 
 
   デンマーク政府が、デンマークにおける生涯学習の戦略を示した最も新しい文書である『デンマークの生涯学習戦略―万人のための教育と生涯スキルのアップグレード(Denmark’s strategy for lifelong learning―Education and lifelong skills upgrading for all)』(2007)が作成された背景には、EUが2004年に『教育と訓練2010(Education and Training 2010)』を打ち出したことがある 。これは、EUが国際社会において、最も競争力のある知識基盤型社会となり、持続可能な経済成長や雇用の充実、そして社会的な結束を高めるための戦略を打ち出したものである。これを受けて、EU加盟各国が各々の生涯学習戦略をEUに提出することとなり、デンマークで2007年に作成されたのが『デンマークの生涯学習戦略』である 。
 この点において、この戦略はEUの生涯学習政策の影響を受けているものであるといえる。そこで、近年のEUの生涯学習政策の特徴を述べることとする 。
 EUは、1990年代後半より「知のヨーロッパ」の構築を目指して、その牽引手段としての生涯学習を重要視してきた。そして2000年3月にポルトガルのリスボンで開催された欧州首脳会議で、EUを「世界で最も経済的競争力の高いダイナミックな知識基盤型経済」とすることを目指し、生涯学習による人材開発と就労支援、職業訓練への投資拡大の方針と、2010年までの教育と職業訓練の改革案を「リスボン戦略(Lisbon strategy)」として打ち出した。そして欧州域内での生涯学習圏の構築とともに人的移動の活性化が促され、Lifelong Learning Programme(LLP) に代表されるように、1)国民国家の枠を超えたヨーロッパ地域共同体としてのアイデンティティを個人や組織に付与すること、2)労働市場における被雇用能力を高めること、3)社会の周縁部に追いやられている人々の社会的な包摂を進めること、4)民主的な社会をつくる市民性を育むことを特徴としながら様々なプログラムが実施されている。
 また、2000年の「生涯学習のメモランダム」では、生涯学習を行動に移すための施策として1)すべての人に新しい基礎的スキルを、2)人的資源への投資の拡大、3)教授と学習の刷新、4)学習の認定、5)学習相談と学習情報、6)学習を家庭により近づける、の6項目をキーメッセージとし、これに対応するように、各々に1)アクセスの拡大、2)基礎的技能の習得、3)教員・指導員の養成・採用・研修、4)フォーマル・ノンフォーマル・インフォーマルな資格の効率的認定・評価 、5)生涯学習に関するガイダンス・相談と実施指針ガイドラインが策定されている。
 EUでは、加盟国に方針を推進していく際に、裁量的政策調整とモニタリング、加盟国間でグッドプラクティスを発掘し学びあうピアラーニング等が実施されるが、これは自発的に加盟国が方針に従っていく原理が働き、EUの教育政策の統治性も見ることができる。そして、デンマークがEUの1加盟国である以上、この原理は適用され、デンマークの生涯学習戦略も、上述したようなEUの生涯学習政策の傾向と特徴が見て取れることが推測される。
 
 
 
  参考文献
・Danish Ministry of Education(2007) Denmark’s strategy for lifelong learning―Education and lifelong skills upgrading for all.
・澤野由紀子「EUの生涯学習政策とガイドライン」『日本生涯教育学会年報』第31号,日本生涯教育学会編,2010年,pp.178-179。
 
 
 
 
  



『生涯学習研究e事典』の使用にあたっては、必ず使用許諾条件をご参照ください。
<トップページへ戻る
 
       
Copyright(c)2005,日本生涯教育学会.Allrights reserved.