生涯学習研究e事典
 
登録/更新年月日:平成21年1月6日
 
 

青少年教育施設における水辺活動 (せいしょうねんきょういくしせつにおけるすいへんかつどう)

water-front activities in youth education facilities
キーワード : 青少年教育施設水辺活動指導
青木康太朗(あおきこうたろう)
1.青少年教育施設で行われている水辺活動
  
 
 
 
   水辺活動と一概に言っても、その活動領域は幅広い。水辺活動が行われる環境は、海、川、湖、沢、池、沼等があり、自然水域に限らず人工水域も含まれ、さらに水上や水中、水辺に活動場所を分類することができる。このように水辺活動が行われる環境は多岐に渡ることから、水辺活動の種目はこれまで様々な形で分類されてきたが、統一された分類は見当たらない。
 そこで、国立青少年教育施設で行われている水辺活動を中心に、水辺活動の主な種目を分類すると、カヌーやカッターといった「スポーツ活動」、磯観察、プランクトン観察といった「環境学習活動」、サンドアート、海藻標本作りといった「創作活動」、刺網漁、地引網漁といった「漁労体験活動」に大別することができる。
【水辺活動の種目】
(スポーツ活動)
 カヌー、カヤック、カッター、ローボート、ヨット、いかだ、クルージング、ラフティング、ウィンドサーフィン、サーフィン、ウエイクボード、スクーバダイビング、スノーケリング、スキンダイビング、ビーチバレー、ビーチサッカー、ビーチフラッグ、遠泳、海水浴、磯遊び、沢登り、川・沢遊び 等
(環境学習活動)
 磯観察、プランクトン観察、ビオトープ、海洋調査、水質調査、源流調査、地質調査、漂着物調査、ビーチクリーンアップ 等
(創作活動)
 サンドアート、海藻標本作り、貝がらクラフト、漂着物クラフト、塩作り、干物作り、魚料理作り 等
(漁労体験活動)
 刺網漁、地引網漁、定置網漁、カキ打ち、魚・貝の放流、魚釣り、潮干狩り 等
 以上より、青少年教育施設における水辺活動を総括すると、「海や川、湖等における自然水域及び人工水域の水辺、水上、水中で行われるスポーツ活動、環境学習活動、創作活動、漁労体験活動といった体験活動の総称」と言うことができる。
 なお、体験活動とは、中央教育審議会答申「次代を担う自立した青少年の育成に向けて」(平成19年1月30日)で示されているように「体験を通じて何らかの学習が行われることを目的として、体験する者に対して意図的・計画的に提供される体験」とされていることから、青少年教育施設で行われている水辺活動は、教育活動として意図的・計画的に提供される水辺活動であり、単にレジャーとして行われる水辺活動とは区別する必要がある。
 
 
 
  参考文献
・独立行政法人国立青少年教育振興機構ホームページ http://www.niye.go.jp/、平成20年12月25日参照
・独立行政法人国立少年自然の家海洋型施設連携研究会「安全で楽しい子どもたちのための海の活動プログラム」、平成17年3月
 
 
 
 
  



『生涯学習研究e事典』の使用にあたっては、必ず使用許諾条件をご参照ください。
<トップページへ戻る
 
       
Copyright(c)2005,日本生涯教育学会.Allrights reserved.