生涯学習研究e事典
 
登録/更新年月日:平成21年8月27日
 
 

図書館の経営 (としょかんのけいえい)

library management
キーワード : 図書館資源図書館サービス図書館職員PFI指定管理者制度
青柳英治(あおやぎえいじ)
1.図書館経営の定義
  
 
 
 
   図書館では、その設置目的や使命を実現するために、事業活動の方針が定められ、その方針に沿って資料・情報の収集、組織化、提供などの図書館固有の活動が行われる。これらの図書館に固有の活動は、図書館の目的や使命を直接実現する活動であるため、第一次経営活動と呼ばれる。一方、第一次経営活動を円滑に進めるための支援活動として、経営資源(「ヒト」「モノ」「カネ」)を活用した事業計画、人事管理、予算管理などが行われ、これらは第二次経営活動と呼ばれる。第二次経営活動は、図書館固有の活動ではなく、一般的な管理的活動で、行政事務にも共通する。このように、図書館経営は、第一次経営活動と第二次経営活動から成り立っている。
 以下では、図書館経営のうち、とくに、第二次経営活動を取り上げ、経営資源と組織運営を図書館資源にあてはめて検討する。
 
 
 
  参考文献
・図書館情報学ハンドブック編集委員会編『図書館情報学ハンドブック』第2版、丸善、1999、p.762-763(田村俊作「7.4 経営管理」)
 
 
 
 
  



『生涯学習研究e事典』の使用にあたっては、必ず使用許諾条件をご参照ください。
<トップページへ戻る
 
       
Copyright(c)2005,日本生涯教育学会.Allrights reserved.